御徒町にあるジュエリーアルルは、ピンクダイヤなど宝石類を扱い、リング・ネックレスなど豊富な商品を揃えております。

御徒町にあるジュエリーアルルは、ピンクダイアなど宝石類を扱い、リング・ネックレスなど豊富な商品を揃えております。

ジュエリーアルル 御徒町にあるジュエリーショップ 

HOME店舗紹介お問合せプライバシーポリシーYahooショッピング 

 

 アイコンHOME

 

 アイコン商品紹介
 

   小さいアイコンダイヤモンド

 

   小さいアイコンカラーダイヤ

 

   小さいアイコンコンクパール

 

   小さいアイコンゴールド製品

 

   小さいアイコンプラチナ製品

 

    

 アイコン豆知識

 

    アイコン業界用語集

 

   アイコンダイヤモンドの解説

 

   アイコンパールの解説

 

   アイコン色石の解説Part1

 

   アイコン色石の解説Part2

 

 

 アイコンインフォメーション

 

   アイコン店舗紹介

 

   アイコンお問合せ

 

   アイコンプライバシーポリシー

 

貴石の解説1

エメラルド

エメラルドは4000年以上も前から宝石として利用されており、宝石の中でも人類との付き合いが古い。旧約聖書、新約聖書両方に記述があるように「聖なる石」とされたり、古代の大王や女王に富や権力の象徴とされたり、また幸運や愛の象徴とされたりと、様々な面で人類に大きな影響を与えてきた宝石の一つである。
エメラルドは大きなヒーリング効果を持つ宝石でもあり、その鮮やかな緑色は眼癒しを与えるといわれています。

  鉱物  ベリル
  和名  緑柱石(りょくちゅうせき)
  色   緑色
  硬度  7.5〜8
  比重  2.72
  産地  コロンビア、ブラジル、ザンビアなど
  5月の誕生石

通常、色石の価値を判断する時にポイントとなるのは「色」「インクルージョン(内包物)」「テリ(輝き)」の3点である。
エメラルドの場合、石の性質上、内包物が付き物の宝石である。したがってあまり内包物に関しては神経質にならず、よほど美しさを損ねていない限りあまり気にしないほうがよい。
色に関しては最も重視すべき点で、基本的には色が濃いほうが評価は高いのであるが、これも限度がありあまり濃すぎるのも良くない。
テリ(輝き)も重要なポイントであり、色味が同じであっても透明感、輝きが違うと見た目の印象は大きく異なる。多少色が薄くてもテリのすばらしい石は美しく見える。
現在、良質なエメラルドの産地としてはコロンビアが圧倒的に多く、その理由としてはエメラルドが付着している母岩が石灰岩であり、石灰岩の場合エメラルドに入り込む内包物が黒くなり難い為、美しく澄んだ緑色になり易いからである。 ブラジル産のエメラルドは付着する母岩が黒っぽい為、やや黒味を帯びた緑色になり易い。


ルビー

ルビーの歴史上の登場は古く、旧約聖書の中にはしばしば登場する。
ローマ時代にはヨーッロパでは「燃える石炭」とも呼ばれ、情熱的なものの象徴のように考えられていた。
また、インドやミャンマーなどでは魔除けや、幸福をもたらす石として崇められ、その価値はダイヤモンドをはるかに上回る評価を受けていた。
ルビーはエメラルドなどと並びヒーリング効果の高い石とされると言われている。
ルビーの中には、カボションカットと言われる滑らかな山型にカットすると、六条の線が浮かび上がるスタールビーがある。なぜスターと呼ばれる六条の線が浮き出るかというと、これはルチルという内包物によるもので、原石の中でルチルがまるで絹糸を束ねたような乳白色の線になっている所をカボションカットする際に、山の中央に合わせるようにカットするとスターが浮かび上がる。

  鉱物  コランダム
  和名  紅玉(こうぎょく)
  色   赤色
  硬度  9
  比重  4.00
  産地  ビルマ(ミャンマー)、タイ、スリランカ、ベトナム、カンボジアなど
  7月の誕生石

ルビーの価値を判断する場合、最も重要なのが色である。色は濃いほうが評価は高いのであるが、あまり濃すぎるのも良くない。
ルビーの赤色は産地における酸化クロムの含有量の微妙な違いにより変化する。 その中でも“ピジョンブラッド”(鳩の血の色)と呼ばれる赤色が最高のものとされる。このピジョンブラッドのルビーは主にビルマ(ミャンマー)で産出されている。しかしビルマ産のルビーがすべてピジョンブラッドというわけではなく、赤味がやや薄くピンクがかったものや、濃すぎてやや黒味を帯びてしまったものもある。 ただビルマ産のルビーは全体的に濃度があり、柔らか味のある赤色が特徴で、内包物は少なくテリもあり良質なもが多い。
日本でも数多く出回っているタイ産のルビーは、やや黒味がかった赤色で“ビーフブラッド”(牛の血の色)と呼ばれている。ビルマ産のルビーに比べると色の面では劣ってしまうが、テリ(輝き)ではひけをとらないものも多い。
スリランカ産のルビーはやや赤味が淡く、ピンク味が強いのが特徴である。
内包物に関しては少ないに越したことはないが、ルビーはもともと内包物の多い宝石で、内包物(酸化クロム)によって色が作り出されていると言ってもよく、輝きに影響を及ぼすような内包物でなければ、さほど気にすることはない。輝きは、その石を印象付ける大きな要因で、透明感があるかどうかがポイントとなる。
スタールビーの評価に際しては、色とスターの出方がポイントとなる。
色に関しては、ルビーは色が濃くなるほどスターが出にくくなるので、色が濃くてスターの出る石は貴重で評価が高い。色で最も高い評価を受けているのがビルマ産であるが、やはりスターがくっきりと出にくいものが多い。対照的にスターはくっきりと浮かび上がるが、色が薄いのがスリランカ産である。評価としてはビルマ産のほうが高い。ベトナム産のスタールビーも赤味にやや黒味があるものの、ビルマ産にひけをとらないとも言われているが、現在ではほとんど産出されていない。


サファイア

サファイアも旧約聖書の中に登場し神に最も近い石とされていた。指にブルーサファイアのリングを着けると、神の意思を伝えることが出来ると言われ、歴代のローマ法王や枢機卿達はこぞって大粒のブルーサファイアのリングを身に着けたという。 やがて権力の象徴として、時の為政者達も競い合うように求めたという。
サファイアもルビーやエメラルドと同様に、ヒーリング効果のある宝石とされている。
サファイアにもルビーと同じく六条の光を発するスターサファイアがある。聖職者にこぞって求められたブルーサファイアであるが、特に神々しい六条の光を発するスターサファイアは更に強いパワーを秘めていると信じられてきた。
同じサファイアでもスター効果が現れるのは、ブルーや紫の物がほとんどで、オレンジやピンクなどのファンシーカラーサファイアにはスター効果は現れない。
ブルーサファイア以外のサファイアをファンシーカラーサファイアと総称し、オレンジ、ピンク、イエロー、グリーンなど様々な色がある。中でも“キング・オブ・サファイア”と呼ばれ、ピンクとオレンジの中間のような色で“蓮の花の色”と言われるパパラチアは大変価値が高いサファイアである。

  鉱物  コランダム
  和名  青玉(せいぎょく)
  色   青色、紫色、黄色、ピンク色、オレンジ色、緑色など
  硬度  9
  比重  4.00
  産地  スリランカ、ビルマ、インド、マダガスカル、タイ、オーストラリアなど
  9月の誕生石

サファイアの価値判断も基本的にはルビーと同じである。色が最も重要視され、それは産地によるところが大きい。
青色の中でも最高とされるのがインドのカシミール地方で産出される“コーンフラワー・ブルー”(矢車草の花の色に似た青色)であるが、その柔らか味のある光沢を放つやや紫がかった濃いブルーのサファイアは、現在ではほとんど産出されておらず「幻の逸品」となっている。
ビルマ産のサファイアにも、エンハンスメントとしての加熱処理を行わなくても、透明感のある深いブルーの最高級品があるが、これも現在ではほとんど産出されていない。
現在最も多く流通しているのがスリランカ産で、透明度が高く輝きも良いが、色がやや薄いのが難点で、青色を鮮やかにする為にエンハンスメントとしての加熱処理が行われることが多い。
最近良質なものが産出される場所としてマダガスカルがある。大粒なものは少ないが、コーンフラワーに似た色味で注目されている。
タイ産やオーストラリア産のブルーサファイアは、青色に黒味が強くあまり良質なものは少ない。
カラーサファイアに関してはスリランカ産のものが多く、ゴールデンサファイアはスリランカでのみ産出され、オレンジサファイアよりも高い評価を受けている。
パパラチアは、ほんの一部ビルマ産があるだけで、大半はスリランカ産であったが、最近マダガスカルでも産出されるようになった。

アイコンTopヘ