御徒町にあるジュエリーアルルは、ピンクダイヤなど宝石類を扱い、リング・ネックレスなど豊富な商品を揃えております。

御徒町にあるジュエリーアルルは、ピンクダイアなど宝石類を扱い、リング・ネックレスなど豊富な商品を揃えております。

ジュエリーアルル 御徒町にあるジュエリーショップ 

HOME店舗紹介お問合せプライバシーポリシーYahooショッピング 

 

 アイコンHOME

 

 アイコン商品紹介
 

   小さいアイコンダイヤモンド

 

   小さいアイコンカラーダイヤ

 

   小さいアイコンコンクパール

 

   小さいアイコンゴールド製品

 

   小さいアイコンプラチナ製品

 

    

 アイコン豆知識

 

    アイコン業界用語集

 

   アイコンダイヤモンドの解説

 

   アイコンパールの解説

 

   アイコン色石の解説Part1

 

   アイコン色石の解説Part2

 

 

 アイコンインフォメーション

 

   アイコン店舗紹介

 

   アイコンお問合せ

 

   アイコンプライバシーポリシー

 

パールの解説

パール

真珠は有史前、最も古くから人々に親しまれた宝石だと言われ、ペルシャの神話では真珠は“神々の涙”と信じられ、中国の伝説では、真珠は月の光で育つなどとも言われていた。 実際の記録としても中国の史書や旧約聖書、コーランなどにも真珠についての記述がある。
真珠は真珠質を分泌する母貝の体内に異物が侵入した場合、その異物の周囲に真珠層を形成することによって、貝本体を保護しようとする作用によって造り出される。真珠層は炭酸カルシウムの結晶であるアラゴナイトの薄片結晶と、タンパク質のコンキオリンが積み重なって形成される。
現在市場に出回っている真珠の大半は養殖であるが、真珠に関しては、天然か養殖であるかをあまり気にする必要はない。 養殖といっても核を人為的に挿入するだけで、あとは母貝に天然真珠と同じ形成作用を起こさせているからである。
真珠の価値判断は基本的には「巻き」と「珠の形」である。核を取り巻く真珠層の巻きが厚いほど光の反射が深くなり、透明で艶の良い美しい光沢が出来る。 形は真円に近いほど良いが“天使の涙”と呼ばれるドロップ形やボタン形なども、ペンダントなどにした時に味があり評価が高い。 一般に不揃いで変形なものはバロックという。 キズも真珠の価値を判断するのに大切なポイントではあるが、キズは真珠にはつきものなので、あまり美しさを損ねていなければ必要以上に気にすることはない。
色は基本的には母貝の色によって決定されるが、アコヤ真珠は採取後にシミや汚れが漂白されるのが一般的で、その真珠本来の色とは言えないが、これはエンハンスメントの範疇とされ、問題ではない。海から上がったままの色の真珠はナチュラル・カラーとされ、大変貴重である。 色によって価値も変わるが、色はどちらかというと好みの問題になる。 最近ではピンク系の色に人気があり、中でも「花珠」と呼ばれる真珠は、完全な真円でテリも最高の真珠で大変価値があります。
真珠を造り出す貝は1000種類以上あるとも言われているが、宝飾品に使える真珠を造り出すものは少なく、養殖に使われる貝は、海水ではアコヤ貝、黒蝶貝、白蝶貝、マベ貝など、淡水ではイケチョウ貝、ドブ貝などである。


アコヤ真珠 (アコヤ貝)

一般に【和玉】と言われる真珠
 
母貝・・・アコヤ貝(直径7〜8cm)
大きさ・・7〜10mm程度
色・・・・・ホワイト・シルバー
      ピンク・クリームなど
形・・・・・南洋真珠に較べると
      真円になりやすいが、
      楕円形・ボタン形も
      ある
産地・・・日本、中国など
 

アコヤ貝

南洋真珠 (白蝶貝)

母貝・・・白蝶貝(直径25〜35cm)
大きさ・・9〜17mm程度
色・・・・・シルバー・クリーム
     シャンパン・ピンク
     黄色・緑・濃い金色他
形・・・・・挿入される核は球体
     であるが、真円になる
     ことは希れで、真円に
     近いものから楕円形・
     ドロップ形・ボタン形
     バロック形まで様々
産地・・・オーストラリア
     インドネシアなど

南洋真珠

南洋真珠 (黒蝶貝)

母貝・・・黒蝶貝(直径12〜15cm)
大きさ・・8〜17mm程度
色・・・・・漆黒・ピーコック・緑
     グレー・茶赤・黄色など
     最も色彩が豊か
形・・・・・白蝶と同様で、真円に
     はなりにくいが、様々な
     形がある
産地・・・南太平洋の広域で
     採取されるが、中でも
     タヒチが最も環境が適
     しており、「タヒチの
     黒真珠」と言われる事
     もある

クロチョウガイ

マベ真珠 (マベ貝)

マベ真珠は半球状の真珠核を貝殻の内側表面に直接挿入し、それが真珠層で覆われて、ドーム形の真珠ができる。本来はマベ貝で養殖したものを言うが、他の真珠貝を使って造った半円形真珠なども、総称して「マベ」と呼ぶこともある。マベ貝の名前は、沖縄の古い方言でその貝のことを「マベ」と呼んでいたことに由来する。マベ真珠の場合、挿入する核の形によって、丸型、ドロップ型、ハート型など様々な真珠を造り出す事が出来る

マベ貝

淡水真珠 (イケチョウ貝)

淡水真珠は文字通り、海水ではなく淡水の母貝を使った養殖真珠で、海水で養殖される真珠とは異なり、ほとんどに真珠核がなく、大部分が真珠層で形成されている。色は白、クリーム、オレンジ系ピンク、紫、茶色など実に様々である。形も様々で、楕円、ライス、ボタン、ドロップ、ポテトなどで、球形は希である。現在、生産地としては中国がほとんどである。

淡水真珠

ケシ真珠

ケシ真珠とは、養殖真珠貝の柔らかい組織内で自然と出来る副産物で、通常は、寄生虫、卵、砂、貝殻のかけら、移植した核から分離した外套膜など、微生物の混入によって形成される。日本でアコヤ真珠の養殖が始められた当時、小さな副産物が混じっていたのを芥子の実にちなんで「ケシ」と呼んだのが始まりである。

ケシ

ケシ真珠

アイコンTopへ

 

コンクパール(コンク貝)

コンクパールが貴重な宝石として認識されるようになったのは150年ほど前のことで、当時はほとんどが王侯貴族や上流階級の手に渡ってしまい、一般にはほとんど流通しませんでした。その後、第1次大戦によってコンクパールへの関心は消えていましたが、1950年代になって再び登場し、非常に希少性が高く、特別なものとなって今日に至っています。コンクパールは養殖が出来ないため、いずれは絶滅の危機にあります。ですから、現存するコンクパールは大変貴重であり、今後益々価値は高まっていくでしょう。


母貝

母貝

コンクパールを育むコンク貝は、正式には単殻軟体動物である、ストロンバス ガイガス貝という。この貝は最大級の草食性巻貝類のひとつで2.5Kg以上の重さになることもある。この貝の肉は美味で食用とされます。また、貝殻も大変美しく、磁器やカメオなどの材料にもされます。

大きさ

ほとんど球状でないため直径表記はできず、重さ(カラット)で表されるが、大きなものは少なく、平均の重さは0.2〜0.3カラット程度であり、10カラット以上のものが見つかることは滅多にない。

色

大部分は、ブラウン、ベージュ、アイボリーなどであるが、別名ピンクパールとも呼ばれるようにピンクのものもある。通常はこのピンクのものがジュエリーとして用いられる。中でも、赤いピンク、明るいピンク、紫がかったピンク、オレンジがかったピンクなどが、価値ある色とされている。コンクパールの色は、パールが形成される部分の内側の色を反映しますが、表面に泥などが付いていると、それによって白や黄色っぽいまだらが出来たりします。

形

パールは貝の内部でも正しい位置で成長しないと変形すると言われている。他のパールのように二枚貝類ではあまり貝肉が動かないが、巻貝類であるコンク貝は貝肉がよく動くため、出来るパールはほとんど球状にならず、大部分が変形である。貝肉の動く部分で成長すると楕円形になることが多いため、採れるパールは楕円形が多く、この楕円形のものがジュエリーによく使用される。

特徴

特徴

コンクパールの最も価値ある特徴は「火焔模様」と呼ばれる構造です。それは平行な細長い結晶が規則正しいパターンになっており、パールに絹のような光沢を与えている。コンクパールには真珠層がなく、真珠独特の真珠光沢はないが、コンクパールにのみ見られるこの「火焔模様」が、それ以上に秘めた魅力と価値をあたえている。

産地

カリブ海、フロリダ南西海域、西インド諸島、バミューダ島

アイコンTopへ